Latest Posts »

太りやすい生活習慣とは

Written by 56j5kmq on 2016年1月25日 – 6:12 PM

どんなにダイエットを頑張って痩せても、生活を元に戻すとあっという間に太ってしまう、そんな人は太る生活を送っている可能性があります。自分では気づかないことが太る原因の場合もあります。どんな生活習慣が太る原因になっているのでしょうか。

朝ごはんを食べない

朝ごはんを抜いてしまうと、体はエネルギー不足になってしまい、活動を抑えようとします。それによって、代謝が悪くなってしまい太りやすくなるのです。それから、空腹の時間が長くなると入ってきたエネルギーを溜めこもうと働いてしまうので、次にとった食事のカロリーを体内に溜め込もうとしてしまいます。朝ごはんを食べると、それとは逆に体が働くので、代謝が上がり痩せやすい体へ近づけるのです。

生活時間が不規則

寝る時間や食事の時間が不規則な人は太りやすくなってしまいます。太りにくい体のためには、3食をきちんととることが大切です。不規則な生活を送っていると、食事時間関係なくダラダラと食べ続けてしまったり、簡単な食事で済ますことが多くなってしまいます。そういった生活が代謝の悪い体を作ってしまうのです。

姿勢が悪い

歩くときは猫背で、座ると必ず背もたれに体をあずけてしまう、など姿勢が悪いことは太りやすくなる原因です。姿勢を正して生活すると、インナーマッスルを自然に鍛えることができ、歩く姿勢に気を付けることでヒップアップの効果も期待できます。

極力歩かない

ほんの少しの距離でも、タクシーや車を使ってしまうなど太りやすい人は体を動かさない人が多いです。少しだけ家から離れたコンビニまで買い物に行ってみたり、階段で移動したり、決して長距離を歩く必要はありませんので、少しでも歩くクセを付けてみましょう。

痩せるためには生活習慣の改善が大切

せっかくキレイに痩せたとしても、太りやすい生活習慣を直さなければ、また太ってしまう結果になります。痩せるためには無理な食事制限やきつい運動をする必要はありません。太りにくい生活習慣を身につけることができれば、自然とスッキリ痩せた体を手に入れることができます。


Posted in 生活習慣について | 太りやすい生活習慣とは はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.